看護婦

不妊の悩みに

女性の中には、なかなか妊娠することが出来ない方もいます。
その方の中には子宮には問題は無いものの、卵子の方に問題がある場合があります、
卵子が妊娠に適しておらず、受精が上手く行うことが出来ない場合です。
その時には卵子提供を利用し、エッグドナーと呼ばれる方から健康で妊娠しやすい卵子を貰うことにより、妊娠を可能にすることができます。
この卵子提供により、子どもが欲しくても子どもが出来ない悩みを抱える夫婦にとって良い方法だといえるでしょう。

卵子提供を行っている企業はいくつか存在します。
その企業にまずは問い合わせを行ってみて、海外での病院で卵子提供の手術を行う形になることが多いようです。
エッグドナーと呼ばれる卵子提供者から卵子の提供を受け、そして精子と体外受精を行う形になります。
そして体外受精をおこなったあと、奥様の子宮に受精卵を移植するといった形になります。
そのために生まれてくるお子さんにはご主人の遺伝子のみが受け継がれる形となり、奥様の遺伝子は受け継がれない形になります。
卵子提供のドナーは日本人にもいるため、日本人の遺伝子をもったお子さんを産むことができますが、手術に関しては海外で行うことになることがほとんどです。
その点に置いても注意して卵子提供を受け、手術を行うようにしましょう。
2回渡米を行い、検査や手術を行う必要が出てくることが多く、期間としては受精卵の移植まで大体4ヶ月係ることがほとんどだそうです。

卵子提供の方法

卵子提供を行うためには不妊治療をサポートする医療機関に希望をだすことになります。基本的に30歳以下で薬やタバコ、アルコールなどの依存が無い方のみ提供することができます。

Read more

日本での卵子提供

日本はまだ不妊治療で卵子提供と受精卵移植についてまだ理解が少ないところも多くあります。そのために手術を考えている方に中にはふあんな方も少なくありません。医療機関ではそのような人のために心のケアもしっかりと行います。

Read more

リスクについて

卵子提供によって受精卵を行うリスクとしていえるのが、受精して無事に妊娠、出産を行えるように受精卵の移植を数個行う事による多胎の可能性があることです。そのリスクも考えながら手術を行うようにしましょう。

Read more