卵子提供の方法

乳がんは女性特有の病気と思われがちですが、男性でも乳がんになる人もいます。
とは言え、発症率は女性の方が圧倒的に多く、発症者も年々増加傾向にあります。
発症は年齢を重ねるごとに増えますが、近年は20代などの若い世代でも発症する人がいるため、若いから大丈夫と過信は禁物です。
がんは体の臓器や細胞などいたるところに発生しうるものですが、乳がんは他のがんと違って自己検診が可能なため、早期に発見しやすいがんでもあります。
胸やその周辺にしこりがないか定期的に確認し、もしも気になる場合は婦人科などを受診して検査してもらうことが大事です。
乳がんは早期に発見されれば治療で治る確率が高く、乳房を温存できる確率も高くなると言われています。

現在では、発症者の多いがんに対しては、無料のがん検診が受けられるクーポンが各自治体から発行されています。
無料クーポンは年齢など一定の条件がありますが、乳がんも無料検診の対象になっています。
また、無料クーポン以外でも、がん検診に対して費用を補助する自治体も多くあります。
がんは日本人の死因別の疾病で毎年トップとなっています。
がんは進行すると全身に転移する可能性もあり、治療も難しくなります。
そのため、早期に発見して早期に治療する取り組みに力を入れています。
乳がんに関しては、民間団体によるピンクリボン運動も積極的に行われています。
ピンクリボン運動とは、アメリカが発祥の乳がんを早期に発見して治療することを願う運動です。